大阪市民葬センターの会社案内ページ

葬儀は大阪市民葬センター > コラム一覧 > 北区の斎場での葬儀予約が可能 家族葬の概要・メリットと家族葬に向いているケースとは

北区の斎場での葬儀予約が可能 家族葬の概要・メリットと家族葬に向いているケースとは

故人を尊重して偲ぶために行われるお葬式。これまでは、家族(親族)をはじめ、故人とご縁のあった方を幅広くお呼びする「一般葬」が主流でした。しかし今では、家族(親族)のみで行う家族葬の割合も増えてきています。

こちらでは家族葬を検討している方に向けて、家族葬とはどのような葬儀でどういったメリットがあるのかを解説するとともに、家族葬に向いているケースをご紹介します。

なお、大阪での家族葬は大阪市北区にある北斎場をはじめ、いくつかの斎場で行うことができます。大阪市民葬センターでは事前相談から斎場の予約手続き、アフターケアまで行っていますので、お気軽にご相談ください。

家族葬とは?

仏壇

家族葬は現在の葬儀における選択肢の一つとしてスタンダードになりつつあります。大阪での家族葬の割合は、全体の8割程です。

家族葬という名前から、「家族のみ」で行う葬儀だと思われがちですが、実は参列者に明確な線引きはありません。近親者に事前に連絡し、人数を決めて行う葬儀となります。そのため、家族以外の方を呼んでも問題はなく、故人をどのように送りたいかという点に重きを置くことが大切です。もちろん家族だけで過ごしたいと考えている場合は、無理に通知をして参列者を呼ぶ必要はありません。

家族葬にはどんなメリットがある?

では、具体的に家族葬にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

費用が抑えられる

一般葬に比べて小規模で行われるため、葬儀費用を抑えることができます。大きな会場を選ぶ必要もないため、急に葬儀を行う場合でも費用を準備しやすいです。ただし、家族葬では香典を受け取らないことが多いため、収支でプラスになることは少ないでしょう。

葬儀の内容を比較的自由に選択できる

世間の目を気にすることなく、故人の趣味趣向に合わせた葬儀も可能です。僧侶による読経を行わないなど、故人や家族の意向に沿った葬儀が行えます。

参列者への対応などの負担が減る

参列者が限定されるので対応に追われることがなく、家族をはじめとした参列者が、故人に思いを寄せる時間をより長く確保することができます。

家族葬に向いているケースとは

横並ぶ人たち

身内だけで故人を送りたい場合

会社の社長や社会的に大きな力を持っている方の葬儀では、参列者が比較的多くなります。それぞれ個別に対応する必要がある上に、葬儀後の弔問客の対応もあるため、家族の負担は大きくなります。こうした点から、身内だけで故人を送りたいと考えている場合に家族葬が向いています。

しきたりや慣習にあまり意味がないと考えている場合

一般的な葬儀はしきたりや慣習を重視する傾向にありますが、そうしたことにあまり意味がないと考えるご家族もいらっしゃるでしょう。型にはまった葬儀よりも、ご家族にとって大切なものを重視したいと考えている場合に、家族葬が向いています。

この他、家族葬は比較的小さい規模で行うことができるため、葬儀の費用を抑えることが可能です。そのため費用に限りがある場合も家族葬は向いています。

大阪市北区の斎場で家族葬を行うなら予約手続きは大阪市民葬センターにお任せを

家族葬の概要とメリット、家族葬に向いているケースをご紹介しました。家族葬は大阪で全体の8割程執り行われている葬儀で、内容が比較的自由に決められる、家族が参列者の対応に追われずに済むなどのメリットがあります。

大阪市北区の斎場で家族葬を希望していましたら、予約手続きは大阪市民葬センターにお任せください。大阪市北区にある北斎場での家族葬をサポートします。北斎場の予約手続きや葬儀のアフターケアに対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

大阪市にある北斎場で家族葬のご相談は大阪市民葬センターへ

サービス名 大阪市民葬センター
会社名 山長
代表 宇山 真一
住所 〒546-0022 大阪府大阪市東住吉区住道矢田8丁目16−2
TEL フリーダイヤル:0120-30-1059
URL https://www.0120301059.com/
大阪市の葬儀に関するお問い合わせはこちら